えっ?シャフトってこんなにしなるの

 

上の画像を見てどうお感じになるでしょうか?

 

すごいな、プロってこんなにシャフトがしなっているんだと思った方は要注意です。

 

デジタルカメラでスピードが速い被写体を撮ったときに被写体が歪んで映る現象が発生します。

 

この現象はローリングシャッター現象といいます。

 

詳しく知りたい方はググってみてください。

 

 

実際のスイングでは下の画像くらいのしなりしかありません。

 

自分にとって適正な硬さのシャフトを使っていれば誰でも同じくらいのしなりになると思います。

 

ただ、スイングの中にシャフトをしならせようとする動きはヘッドスピードを出すためには必要です。

 

その上でしなっても下の画像くらいのものだということは知っておく必要があるとは思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。