フェースコントロールの為のグリップ

初心者の方に多く見られるミスは、スイング中にグリップが手のひらの中で、ズレてしまい結果クラブフェースのコントロールが不可能になってしまうミスです。

 

上記のミスを防ぐ為に、力一杯グリップを握り締めてしまう方がいますが、その事により体全体に力が入ってしまって、スムースに動けなくなってしまう人もいます。

 

グリップの握る力加減は、ユルユルに握れや、しっかり握れなど対極の教え方をされるケースさえありますが、グリップが手のひらの中でズレないように握れるならば、握力などは重要視しなくても良いと思います。

 

ネジを工具のドライバーで回す時には、なれないうちは、強く握ってしまう方が多いと思いますが、コツをつかめば、手のひらを少し締める事で、スムースに回せるようになると思いますが、ゴルフに於けるグリップの握り方も同じ類のものだと思います。

 

コツがつかめない方の為に練習法をお伝えします。

 

まず左手一本でグリップをします。余った右手でクラブヘッドを握り、クラブヘッドを左右に回してみてください。その時に、左手のひらの中でグリップが回ってしまわないように握れるようになるまで練習しましょう。右手でも同様にトレーニングすると良いでしょう。

 

良いスイングは、良いグリップから生まれると言われますが、握る形よりも、手のひらの中でズレないグリップが良いグリップだと思います。