ザックリ

 

 

今の時期はウェッジでアプローチするとザックリしやすいのですが、テークバックで手が高い位置にあがってしまう方は特に注意が必要です。

 

手の上下動が多い方は飛行機の着陸で例えるなら墜落型スイングと呼んで差し支えないでしょう。

 

対して手の上下動が少ない方は飛行機の着陸で例えるなら胴体着陸型スイングとでもなるでしょうか。

 

アプローチショットの出球が低く強く出てしまう方はダウンブローの軌道が強く、上級者などではボールを突っついているよなどと呼ぶ方もいます。

 

今の時期は芝がうすいのでダウンブローになりやすいですが、芝生が生えそろってきたらソールを滑らせて打つ打ち方も易しくなるので臨機応変に対応されるのも良いでしょう。