ショートアプローチの距離感

ショートアプローチの距離の打ち分けはヘッドスピードを変えるだけで違いを作りだせれば一番単純で簡単だと思います。

 

とはいえ、ダフリ、トップ、フック、スライスになるだけで自分が打ちたい距離と大きく違ってしまうので、球筋が定まっていない間は距離感を身につけることはできません。

 

何発打ってもおおむね同じ球筋になるように打てるようになって初めて距離感が身について行きます。

 

基本的にはトップとフックは距離が出過ぎて、ダフリとスライスは距離が落ちすぎてしまいますので、一定のヘッドスピードで打っても距離がバラバラになってしまう人は、距離よりも技術の底上げに専念し、再現性の高いスイングを目指しましょう。

 

それでも実際にラウンドはするでしょうから、状況をよく見て、オーバーが危険なら少しダフリ気味に打ったり、インパクトでアドレス通りか、それよりもフェースが右へ向くように気をつけるとオーバーすることを予防できます。ショートが危険ならその逆です。

 

このようにラウンドではスイングの型よりもインパクトの調節が出来る事も大切です。インパクトのボールに対するヘッドの当て方を状況に応じて変える事を訓練、あるいは試す場だと思っていた方がいいと思います。