小さくゆっくりヘッドを動かすアプローチは苦手?

グリーン周りからウエッジを使用してショートアプローチを行う際、トップやりダフリが出やすい方の傾向として、手だけに頼ってクラブを操作している事が挙げられます。足はしっかり固めて動かないようにしているのに上手くいかない方は次の事を試してみて下さい。

①両膝を軽く曲げ、膝上を軽くつけてアドレスする

②左手はクラブを吊るようにして持ち、左脇を挟むように軽くしめる

③インパクトからフォローにかけてグリップエンドを自分のおへそに向けていたいので、下腹部をクラブの動きに同調させてゆっくり回転させてあげる

ポイントは手先でクラブヘッドを動かすのではなく、下腹部を活用してヘッドを動くにようにする点です。

小さくゆっくり動かすアプローチは苦手だな・・・・・という方、ご参考まで(^_^)/~