アイアンが飛ばない

ドライバーの飛距離に比べると、アイアンが飛ばないという方がいます。

ドライバーが飛ぶということは、ヘッドスピード自体は速いと思います。

アイアンが飛ばないと考えられる原因は、ヘッドスピードが出ないのではなくアイアンで適正なインパクトを出来ていないのではないかと考えられます。

男性ゴルファーで、ドライバーのヘッドスピードが45以上でる方ならば、アイアンでインパクトのロフトが1度変わると飛距離は3ヤード変わると言われています。

仮に同じ位のヘッドスピードの仲間より、10ヤードほどアイアンが飛ばないとしたら、単純に考えるとインパクトロフトが3〜4度開いて当たっていると考えられます。

上記の事は、あくまで同じモデルのアイアンを使用したと仮定した場合の話ですが。。

ドライバーの飛距離の割に、アイアンが飛ばない方は、インパクトロフトを減らしてボールを打つように練習してみてください。

その為に必要な条件は、ハンドファーストに打てるようになる事です。

ハンドファーストに打つ練習は、まずはアプローチから始めると良いでしょうか。

短い距離で構いませんが、右手の手首が曲がったままボールを捉える練習を繰り返してみてください。