飛ばし屋のスコアメイク

飛距離が出る人はショットが曲がる。

 

というのは1つの定説だと思います。

 

インパクトで同じだけフェースの向きが狂うと、ショットの曲がる幅が大きくなります。

 

 

また、飛距離が出る人ほどティショットではその最大飛距離が不要なケースも多くなります。

 

飛ばし屋のメリットは飛距離が出ることそのメリットは説明の必要もないでしょう。

 

デメリットは曲がり幅が大きいとティショットで神経をすり減らして、

 

ラウンドを通した集中力の維持が難しい点です。

 

例えば270ヤード飛ぶとOBになる右ドッグレッグのホールでは、

 

250ヤード以上飛ばないクラブで打てば100%OBに行くことはありません。

 

障害物まで届かなければいいわけです。

 

また、短いクラブで打つことで方向性が良くなればそのショットにさほど集中力を使わないで済むので、

 

その後のショートゲームでより集中できるというメリットが生まれます。

 

また、飛距離が出るとパー5で2オンが狙えたり、パー4で1オンが狙えることもあります。

 

こんな時には飛距離を活かして思い切った攻めをするのもいいと思います。

 

飛距離が出る人ほどティショットでの攻めと守りのメリハリをつけることが好スコアにつながると思います。

 

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。