クラブの特徴にスイングを合わせる

最近のドライバーの特徴は重心位置が低く深めで重心角が大きくなっている傾向になっています。

 

このようなドライバーに対する適性の1つにフェースをシャット気味に使うことが挙げられます。

 

D・ジョンソンや渋野、笹生選手がそういったスイングから現在のクラブを使いこなしています。

 

どのくらいシャットに使うかはドライバーの重心角に左右されるので正解はありません。

 

松山英樹は浅重心のドライバーでフェースをオープン気味に使っていましたが、

 

現在は少し深重心のドライバーをシャット気味に使うように変化しています。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。