雨の日はドライバーのフェースを濡らさないように注意しましょう

雨の日のプレーはプレーヤーだけでなくキャディさんの仕事も忙しく大変になります。

 

キャディさんの仕事としては、お客さんのグリップを濡らさないよう気を使い、濡れたクラブを拭く作業が増えます。

 

ウッドのヘッドが木できていたころのキャディさんはプレー終了後ヘッドの木が速く乾燥するように紙でできたカバーをかけてくれるなどラウンド中に木が濡れないようにっかなり気を使っていました。

 

やがて、ウッドのヘッドがステンレスに変わりラウンド中にヘッドを濡らさないように気を付ける必要がなくなりました。

 

そして現在、ヘッドがチタンになり、スピン量が少なくなるよう設計されているドライバーは雨でフェースとボールが濡れるとスピン量が減りすぎて普段見たことないような途中から急に落ちるドロップボールになることがあります。

 

なので、プレーヤーは打つまでにフェースができるだけ濡れないように注意しましょう。

また、ボールもティアップをしたらできるだけ早くボールを打つようにするとドロップボールにならずに済むでしょう。

 

キャディさんもドライバーを渡すまではグリップだけでなくフェースも濡れないように配慮してほしいなと思います。

 

ということで雨の日のドライバーショットではできるだけボールとフェースが濡れないようにご注意ください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。