ギリギリのメリットとデメリット

GIRI GIRI(ギリギリ)というキーワードがドライバーのキャッチコピーで人気があります。

 

クラブにはフェースの反発係数に規制があります。

 

規制値ギリギリの反発係数にすれば、それだけ初速が速くなり飛距離が出るという構図です。

 

ところが、クラブヘッドにはどうしても個体差が発生します。

 

1個でも規制値を超えるヘッドを打ってしまったら、販売停止に追い込まれてしまうので、各メーカーは妥協点を設定して販売してきました。

 

ドライバーは他のメーカーより少しでも飛距離で出し抜ければそれだけ売り上げに直結しますから大きな課題にもなっています。

 

ここまでは、スイートエリアの広さや、低スピン化競争を繰り広げてきた各メーカーですが、まずPRGR、今年に入ってテーラーメードが反発係数競争のトレンドにのっかった格好です。

 

結果的に規制値ギリギリにするために検品にコストがかかるため、1~2万円の値上がりも予想されます。

 

もう一つの問題点は、ヘッドの強度になります。

 

 

大型ヘッドは強度についてもヘッドが割れてしまわないギリギリに挑戦していますから、ボールを打つという衝撃以外には強度が足りないので、

 

ミスショットでイライラしてどこかを叩きたくなったときには他のクラブに持ち替えてからストレスを開放してください。

 

そして反発係数競争が落ち着いたとき、もう性能アップのためのカードがなくなってしまうかもしれません

 

果たしてどうなっていくのでしょうか?

 

 

⛳GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。