ゴルフ場利用税の今後

ゴルフ場を利用する時にかかるゴルフ場利用税というものがあります。

 

スポーツを行う時に税金がかかるのは唯一ゴルフだけで、現在廃止か存続かという議論が絶えません。

 

年間約500億円の税収になり、3割が都道府県、7割が市町村の収入になります。

 

 

プレーヤーサイドから見れば、料金が安くなるので大多数の方は廃止に賛成ではないかと思いますが、ゴルフ場を多数抱える自治体などの収入につながる立場の方は反対する方も多いでしょう。

 

難しい問題ですが、東京オリンピックまでには何らかの決着があるかもしれません。