初心者はまずクラブの役割を知っておこう

クラブは14本までプレーに携行することがルールで許されています。

 

 

グリーン専用のパターは別として、残り13本で距離を打ち分けることでプレーを簡単にする。
というのが多くのクラブを使う一番の目的です。

2次的にそれぞれが持つクラブの性質を利用して様々な球質を打ち分けてコースを攻略していきますが、まだそれは先の話です。

13本の中で一番飛ばせるクラブは1Wで、一番飛ばせないクラブが一般的にはSWです。
そしておおよそ1Wの飛距離半分が、ロフトが44°のクラブ、58°のSWで1/3の飛距離になります。

 

仮にドライバーの最高のショットが180ヤードの人は、SWで1/3の60ヤードのなるので、その差が120ヤード、これを13本のクラブで打ち分けることになるので12で割ると、1クラブあたり10ヤードずつ飛距離が変わるクラブを使えば自分の飛距離の範囲を均等にカバーできることになります。

同じようにこれでクラブの長さとロフトを考えると、1wのロフトが10°、SWが58°とするとその差48°を12で割って4°、1クラブあたり4°のロフト差があるセットが自分の飛距離の範囲を均等にカバーできる目安になります。

 

話が前後しますが、クラブの性質としては長さが長いほど軽くできていて、ヘッドスピードを速くすることができ、飛距離が出せます。
ロフトが大きくなるほどインパクトのエネルギーが上へ逃げるため打球が上がりやすく地面に落ちてから転がりが少なくなるので飛距離が出ず、目標を狙いやすくなります。

と前置きが長くなりましたが、

 

結論として、

・ロフトは4°刻み
・全体の重さが短くなるほど重くなる

その目的は自分の飛距離の範囲を均等にカバーするというのが良いクラブセットということになります。

 

そしてそのためには打ちやすさが不可欠で、そういうクラブを見つけ出すためには多くのクラブを打ってみる。
クラブフィッティングを受けてみるなどして探し出し手に入れられれば、ゴルフが少し簡単になり楽しくなると思います。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!

LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。