クラブのバランス調整やってますか?

 

 

自分に合うクラブを使いたいと考えたとき、ヘッドの重心位置、シャフトの特性、硬さ、ヘッドバランスが関わってきます。

 

その中で、ヘッドバランスが自分に最適な状態であるのとないのとでは結果に大きく違いがあります。

 

バランスが最適であればショットの再現性が高く、飛距離も出ます。

 

全体重量も最適であればなお良しですが、今回はバランスのお話です。

 

例えば、市販のドライバーのバランスは男性用でD0~D4くらいの範囲に入るのが普通で、モデルの設計コンセプトによって違いがあります。

 

プレーヤー側からするとバランスが軽いクラブが振りやすいと感じる人と、重めな方が振りやすいと感じる人に分かれます。

 

筋力が強いから重めがいいとか弱いから軽めがいいとは限りません。

 

昔のクラブは仕上がりのバランスやフェースの向きなどのバラつきがあったために気に入ったモデルの中で振りやすいもの、打ちやすいものを選ぶことができましたが、

 

最近のクラブは精度が高くなってきていて自分で振りやすいバランスに調整する必要があります。

 

結果としても新しいクラブのバランスに慣れるというよりも自分が振りやすいように調整した方が長期的に見た結果が良くなります。

 

バランスはシャフトの長さを変えるか、鉛を貼るか、モデルによっては重りを交換して調整できます。

 

 

自分の傾向として、何故か知らないうちにクラブを短く持って打っているは軽いバランスを好む傾向にありますし、指がグリップからはみ出るくらい長く持つ人は重いバランスのものを好む傾向があったりしますし、最初は少しバランスが軽かったり重かったりしたのを長く使って慣れてしまったりもするので、

 

最初はまず持つ長さを色々変えたり、鉛の板の貼る量を多くしたり減らしたりして自分が振りやすいのはどんな状態かを把握することから始めましょう。

 

自分が下手だから差が分からないという人でもやってみると意外と違いを感じ取ることができます。

 

そうしてバランスが軽いものが振りやすいと分かったら軽量グリップが装着されたものを選ぶとより振りやすいクラブに出会えるかもしれません。

 

また、重い方が振りやすいことが分かったら鉛を貼ったり、重りを重くしたりしてみると、今まで上手くいかなったクラブが振りやすいクラブになるかもしれません。

 

クラブやシャフトによってバランスD2が打ちやすいとも限りませんし、気温によっても振りやすいバランスは変わったりします。

 

一人でやるのが不安なら試打スペースのあるショップで店員さんに相談するとお店によって鉛代実費をお支払いしたり、バランス調整代がかかることもありますが、丁寧に教えてくれると思います。

 

一度教わってみると、どのようなプロセスですればいいかが分かるので一人で出来るようにもなると思います。

 

もしかしたら、いろいろ試した結果元の状態が一番いいということになることもありますが、その場合でもこれが自分に合っているという再確認ができることで、技術を高めていくことにより集中することができるようになる分効果があったといえます。

 

多くのアマチュアゴルファーは買った状態のままで使い続ける人が多いのですが、腕前に関わらずバランス調整までしっかり行うとがらりと打ちやすいクラブになることも多いので是非やってみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします