グリーンが早くなる冬場はパターに鉛を貼ってみましょう

気温が下がってグリーンのスピードが出てきました。

 

これからが一年で一番グリーンが早い時期になります。

 

厚着をするので、袖の重さ分ヘッドの重さを感じにくくなります。

 

速いグリーンは重いパターでゆっくりと振ると距離が合わせやすくなるというのが多数派だと思います。

 

そこで、パターのソールに鉛を貼って少し重くしてみるとこれからの速いグリーンに対応しやすくなりますのでお試しになってみてはいかがでしょうか。

 

 

もし振りにくくなるようなら重くしすぎかもしれませんし、元のままの方が振りやすければ鉛を剥がしてしまえばいいのでぜひトライしてみてください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。