シンプル・アドレス

今日は、アドレスの作り方のお薦めの方法です。参考になるかどうかは分かりません

が、興味のある方はお試しください。以前にも触れた事があると思いますが、目標に飛ぶ

ボールは、右打ち出しのドローボール、左打ち出しのフェードボール、目標打ち出しのストレー

トボールとなります。ですから持ち球がある方は、打ち出しの方向を一定にする事が出来れ

ば、ボールを安全なエリアに運ぶ事が容易になるでしょう。また打ち出し方向をコントロール

出来れば、OBやハザードなどのバッド・エリアを回避する事も可能でしょう。と言うことで今日

は、ボールを打ち出す方向を変える方法をお伝えします。といってもやり方は簡単です。

皆さんはボールを打つ前に、ターゲットとボールを結んだ後方線上から、スパットなどを見つけ

てアドレスを作る方が多いと思いますが、その時に体の向きを90度変えて、スクエアなスタ

ンスを作っていると思います。ドローヒッターは、球が左に曲がるわけですから確実に出球を

右に打ち出せれば、第一関門は突破できる事になります。後方線上からターゲット確認後、

体の向きを91度以上回転させながらボールにアドレスしてください。通常よりボールの位置は

内側になって、スタンスはクローズになっているはずです。反対にフェードヒッターは、後方

線上からターゲット確認後、体の向きを変える時に90度未満にすれば、左打ち出しのアドレス

が作れるでしょう。通常よりボールの位置は外側になって、オープンスタンスになっているはず

です。ストレートボールの方は90度体の向きを変えれば、良いと思います。今日のやり方で

危険なエリアを避ける事が出来たり、上級者はインテンショナル・ショットを打てるようになれ

ば、更なるスコアアップに役に立つと思います。どのくらい打ち出し方向が変わるかは、練習場

などであらかじめ確認をしておく事をお薦めします。