スライスとフック

スライスボールで目標を狙うとしたらターゲットラインに対してアウトサイドインの軌道で軌道に対してフェースが右へ向いてターゲットラインに対し直角にインパクトをする事になり、フックならこの逆です。

 

アウトサイドインの軌道のスイングをすると、ストレート軌道と比べて、スイング中のヘッドの最下点が自分から見て左になるのでダウンブローのインパクトになります。出やすいミスはドライバーならテンプラ、地面の上のボール打つ場合はトップしやすくなります。インサイドアウトならこの逆なのでアッパーブローのインパクトになります。

 

この特徴を考えると、アウトサイドインの軌道はクロスバンカーやベアグラウンド等でクリーンなインパクトをしたい時に適した軌道と言えます。インサイドアウトはティアップしたボールや、芝生の上に浮いているボールを打つ時に適した軌道です。

 

スライスボールはストレートボールと比べてスピン量が多く打出し初速がわずかに遅くなります。これは、ボールを止めたい状況に適しています。フックボールはスピンが少なくなるのでボールを転がして行きたい時に適した球筋です。

 

スライスやフックは狙って打つならミスショットでは無いわけで、その際のスイングやボールのライによってストレートに打つよりもリスクを減らすことができます。

 

これらを理解してコースマネジメントに活かしていくと、その幅も広がり、スコアアップにもつながりますから、上級者に限らずよく理解しておいて欲しいと思います。