パターの上り下りの距離感合せは仮想カップで大丈夫?

5mくらいの平らなパターは大きく距離感が狂う事はないものの、それが上りや下りの時の距離の合わせ方がむつかしく、なかなか上手くいかないという方がおられました。

私がまず最初に確認したのは、上り下りの傾斜が把握出来るかについてですが、それはOKでした。次に上り下りを把握した後は実際のストロークにどう反映させるのか?を確認したところ、上りであればライン延長線上のカップの先に仮想カップを設け、下りは手前に設けるようにするものの、どうも仮想カップという方法がしっくり来なくて素振りをしてもイメージが湧きにくいとの事。

だとしたら、仮想カップが1m先だと設定したのであれば、ボールの場所から1mライン後方に下がった地点からカップを見ながら素振りをしてもらった所、6mのイメージが湧きやすくなり、下りでも同じ方法での1m近い場所からの方が4mのイメージがしやすいとか。

この方の場合のように、実際にあるカップを消して仮想カップをイメージして距離感を出す事が苦手な方は、仮想カップと実際のカップの差をボールから加味した地点で素振りをして距離感のイメージ作りをしてみてはどうでしょう?(^J^)