真横のラインはタッチに集中

70センチくらいのショートパットでも、急傾斜に切ってあるカップに対して大きく曲がるラインだと難易度はとても高くなります。

 

怖さを知らない初心者の方が簡単に入れてしまうことがあるようなラインです。

 

 

最も曲がるラインとは、傾斜にボールが切られているときに、ボールと同じ高さにボールがある場合で、いわゆる真横のラインです。

 

1mの真横のフックラインだとしたら、傾斜が強いほど右へ大きく打ち出してもカップインさせることができます。

 

カップインさせるためには強さと方向が合わせる必要があります。

 

なので、どのくらい曲がるように入れるかに迷いが生じやすいので、それを決め打ちすることが最も重要です。

 

いろいろなラインがある中で、最もタッチが重要なラインですので、打ち出し方向と決めたらタッチに集中するようにしてみてください。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。