グリーンの芝目(芽)

今日はグリーンの芝目について考えてみたいと思います。いつもより長文になりそうなので

お時間のある方は、お付き合いください。。。 かつては高麗グリーンのゴルフ場が沢山あった

ので、パット時に芝目の影響を強く受ける可能性もあったのですが、現在はベント芝の

グリーンが主流ですので、芝目を読む能力が無くてもプレーに問題はないと思いますが、

予備知識として、知っておけば役に立つ事があるかもしれません。まず芝目についてですが、

初心者の方は初めて聞く言葉かもしれないので、説明させていただきます。芝目とは読んで

字のごとく芝の生えている方向です。グリーン上で例えてみると、ボールからカップの方向に

向かって芝が倒れている事を順目、カップからボールの方向に芝が倒れている事を逆目と

呼びます。順目は芝の抵抗が少さく、ボールがスムーズに転がります。逆目は芝の抵抗が

大きく、ボールの転がりが悪くなります。これに傾斜がプラスアルファされますので、逆目の

上りのラインが一番転がりが悪くなり、順目の下りのラインが一番転がりが良くなります。

次に、芝目を判断する材料についてですが、芝は植物なので、太陽の位置、風向き、水の

流れなど自然の影響を受ける場合と、人が歩いて踏み付けるなどの2次的な影響を受ける

場合があります。ですから近くに対象となる物があるかを考えます。高い山があれば、山を

背にして順目、池や河などの水の流れる方向に向かって順目、南国など一定の風が吹きやす

い場所では、傾いている植物と同じ向きの芝目、などが推測されます。あくまで推測であって

確実ではありませんのでご注意ください。古くからグリーン上で芝が明るく見えたら順目、暗く

見えたら逆目いう読み方は、皆さんの知るところでしょう。他にもカップの淵をみて、綺麗な切り

口から汚い切り口に向かって順目と判断する方もいますし、人が大勢歩く方向(次のホールの

ティグラウンドに向かって順目)という判断をされる方もいます。ただ、これらはあくまで芝目を

予想しているだけの話であって、冒頭にも述べた様にベントグリーンは芝の抵抗は弱い部類

の品種ですので、傾斜が強ければ傾斜優先で構わないと私個人は思います。高麗グリーンや

バミューダ芝は芝目(芽)が強いので、参考にしていただければと思います。

長文失礼致しました(-_-;)