設計者の罠に打ち勝つ方法

 
下の画像のようなアイランドグリーンといわれる四方を池に囲まれたホールでは、グリーンを狙うショットではプレッシャーがかかるでしょう。

この場合のプレッシャーの原因は池ポチャしたらみんなに笑われるなどの周囲の眼、池に落としたらスコアを悪くする、等だと思います。

 
打つ前に大ダフリをして池に入れて笑われるシーンや、何回打っても越えないんじゃないか?というように、目の前のボールを打つこと以外のことに意識を向けるのが設計者の意図です。

 
こんなときは、プレーに必要なコトだけに全ての集中力を傾けましょう。

スイングとしては体の上下動や手首の動きが大きくなると、ダフリ、トップになりやすいので、これの予防に全神経を集めます。

 
ターゲットを見る時は自分が決めたターゲットだけに目の焦点を集め、池があることを忘れてしまう状態にします。(それがなかなか難しいのですが・・・)
 

ミスすることに集中すると、そのショットはまず失敗します。
これからのショットを成功させるために、今すべき何かなら何でもいいのでそれに全神経を傾けましょう。
 
結果的に池に入ったとしてもひどいミスとはならずに済み、次のトライにつながる一打になると思います。

 
体験レッスンご予約はこちら
お電話でのお問い合わせは03-6315-1551
レッスン中で出られなかった場合は、折り返しいたします。