ライ角のズレの弊害

自分のインパクトライ角をご存知でしょうか?

 

ライ角の合っていないクラブを使用していると、球が真っ直ぐ飛ばないだけでなく、飛距離アップも望めません。

 

ドライバーのように、ティアップ限定で使用するクラブで、かつロフト角の少ないクラブは、ピッタリのライ角でなくても影響は少ないのですが、地面から直接打つアイアンは、ライ角が合っていないと、飛距離と精度に及ぼす影響はかなりあると思います。

 

アイアンのクラブで、地面から直接打つ場合は、自分にピッタリのライ角を基準とした場合に比べ、フラット過ぎても、アップライト過ぎても、クラブフェースの重心位置が高くなりますし、クラブフェースが右を向いたり、左を向いたりします。

 

上級者やプロは、軟鉄鍛造アイアンを好む方が多いのですが、打感が良いというだけでなく、ライ角が変えられる安心感があるというのも大きな理由のひとつでしょう。

 

ライ角が変えられない材質で出来たアイアンなどを購入する場合には、自分のインパクトライ角と合っているのか、ゴルフショップの方とよく相談の上ご購入することをお薦めします。