素振りの回数

よく素振りの回数は、「ワンショットにつき2回迄にしろ」など上級者からアドバイスをされるケースがあると思いますが、ナンセンスな話だと私は思います。

 

素振りの回数を制限するのは、大方の場合はスロープレー防止の為でしょうが、時間配分さえ自分で調整出来て、プレー時間に支障をきたす事がなければ、素振りの回数など決めなくても良いと思います。

 

プロのラウンドのプレー時間の配分を見てみると、ティショットや、セカンドショットではあまり時間をかけません。その代わりに、グリーン周りや、グリーン上ではたっぷりと時間をかけます。この時間配分は、多くの上級者に共通するものです。という事は、カップの近くになるほど素振りの回数が増えている事を示すものだと思います。

 

それは何故でしょうか?答えはスコアに直結する場面である事と、フルショットを出来ない距離だからだと私は思います。フルショットは、風やフライヤー、固い地面など特別な状況を除き、このクラブで打てば、この距離しか飛ばないという最大値があります。ですから繊細なタッチは要求されないと思います。という事はクラブ選択を正しく行えば良いだけです。仮に8番アイアンと9番アイアンの間の距離が残ったとしても、飛ぶクラブのフェースをわずかに開いたり、飛ばないクラブのロフトを立てて打てば、フルショットで良いのです。(ロフトを立てて飛ぶのはショートアイアンのみ) しかしアプローチは、ワンパット圏内に寄らなければ、良いスコアで上がれなくなります。ですからカップに入る、または寄っていく映像の鮮明なイメージが出来るまでに多少の時間を掛ける上級者が多いのだと思います。

 

よく初心者がグリーン周りで慌ててしまってトップを連発、行ったり来たりの繰り返しの場面を見ますが、急げなどと言わずに、落ち着かせて素振りを行わせた方が結果的に少ない打数でホールアウト出来るのではないかと思う事があります。

 

OBなどないホールのティショットはサッサと打って、グリーン周りの大切なショートゲームで時間を掛ける。時間配分を有効に使う事がスコアメイクの鍵だと思います。