ティーショットでの注意点

ティショットを打つティインググラウンドの上は、実は思っているよりも平らではありません。実際に水平器などで測ってみるとよくわかると思います。

 

これは水はけをよくするために傾斜を多少つけているような場合と隣接するホールへの打ち込みを避けるために傾斜をつけるというように理由はいくつか考えられます。

 

例として前上がりのティインググラウンドでは左へのミスが出やすく、前下がりでは右へのミスが出やすくなると考えられます。

 

そこにボールの落下地点の危険なエリアなどを踏まえて、保険をかけた狙い方などを駆使することで安全なエリアにティショットを落とす確率を上げることができると考えられます。

 

ティインググラウンドでは、ティインググラウンドの向きや、ティーマークの向き、傾斜など様々な情報を入れてからショットに臨むことで、OBや林、池などのミスショットを減らしていきましょう。