ティショットで方向を出す

一般的には多少飛距離を犠牲にしてもフェアウェイをキープする事が最優先する事が基本だと思います。

 

ただし、あまりにも方向性を重要視しすぎた場合、いわゆる置きに行くという、インパクトで体の動きを止め、手でフェースを合わせに行くことで飛距離が落ちて方向も出ないミスになりやすくなります。これは、心理的には少し弱気な状態の時に起こりやすくなります。

 

これを防ぐためのキーワードは「大胆細心」、つまり、方向性に対しては細心の注意を払い、スイングは大胆にダイナミックに振る事が結果的に良い結果につながりやすくなります。

 

一方で大事な局面程100%フェアウェイキープを欲しがりますが、ゴルフのほとんどのショットに100%はありません。なので、自分に対して無理を注文してしまう事で緊張してしまうために結果的にミスにつながってしまう事もあります。

 

ではどのようにすることがいいのでしょうか?

 

キッチリとターゲットを定め、そのターゲットと自分のスイングのチェックポイントなど自分がする事に100%意識を集中する事こそがどんな局面においても必要なのです。

 

これを同伴競技者ではなく、コースの設計家が邪魔をしてきます。このことでターゲットや自分がすることではなく、池やバンカーに放り込んでしまう悪い結果に意識を持って行かれてしまうわけです。

 

どんな場合でも多少のミスの許容範囲があるので行ってはいけないところではなく行くべきところだけに集中することが出来るようになればミスショットが激減するでしょう。