曲がるパットで保険を掛ける

 

グリーン上でフックラインやスライスラインの場合は打ち出しの方向が重要になります。

 

左に曲がるラインは確実に右に打ち出す、右に曲がるラインは確実に左に打ち出すという事が大切になります。

 

 

という事でフックラインで確実に右に出るようにする事とスライスラインで確実に左に出るようにするために簡単な方法があります。

 

それは普段の握り方よりもフックラインはグリップを開いて握る事(フェイスを右に向けて)、スライスラインはグリップを被せて(フェイスを左に向けて)握る事です。

 

随分とアバウトな感じがしますが、曲がるラインの反対方向に球を打ちだしてしまったらその瞬間にカップインの可能性は消えてしまいますし、思ったより外側に出てしまったと思ってもしっかり曲がって入ってしまう事もあるかもしれません。

 

パットでラインは読めているけど方向性が定まらないという方はぜひ試して頂ければと思います。