速いグリーンではバックスイングを小さめで打ってみては?

夏場

一時期の雨が続いていた天気も少し落ち着いて乾いたグリーンでプレーできるようになってきました。

冬場

今の関東地方の気温だとベントグリーンの芝生も生育が止まった状態になるかと思います。

 

来年の生育期になるまでは少しずつグリーンのコンディションも少しずつ悪くなっていきます。

 

しかし、芝生の湿度が下がってグリーンが一番速い時期にもなります。

 

速いグリーンではいくら速いからといってインパクトをゆるめてしまうと距離も方向もくるいがちになります。

 

なので、重い時期のバックスイングの大きさのまま弱く打つとミスが起こりやすいので、同じ力加減でバックスイングを小さめにする方がいいと思います。

 

ボールが反発するように加速状態でインパクトするようにストロークをするように気をつけるといいと思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら