パッティングの基本は距離を合わせること

パターにもロフトが3°前後ついています。

これは芝生の中に沈んだボールをわずかに上に打ち出すことでスムースな転がりになるようにするためです。

 

そしてロフトと同等の角度のアッパーブローで打つと無回転のボールが飛び出すので転がりが安定するというのが基本の考え方になります。

 

さらに大事なのはインパクト時に打ちたい方向とフェースの向きが直角になること、カップに距離が合うボールの打出し速度で打つことです。

 

転がりが少々悪くてもこのフェースの向きと初速のコントロールが出来ていれば上手くいきます。

 

ということでパッティングではカップに距離が合うようなヘッドスピードで打つことと、打ち出し方向にフェースを向けて当てることが基本になります。

 

そのための打ち方はもちろん大事ですが、打ち方にとらわれてヘッドスピードやフェースの向きのことを忘れてしまっては本末転倒になってしまいます。

 

パターは距離を合わせることが基本中の基本でその次に方向です。

 

打つ前にそのヘッドスピードが想像できるようにするのが第一段階、それが出来てからインパクトでのフェースの向きをコントロールできるようにすること、最終段階で良い転がりのボールが打てることとなります。

 

距離が合わない段階で方向や転がりを気にしても自分のキャパシティを越えてしまい距離も合わせられなくなってしまいますので、段階を踏んでじっくりとパターの練習をして行ってほしいと思います。