冬場、ドライバーの飛距離を出すためには?

寒くなってきました。

 

気温が低くなると空気密度が高まって、空気抵抗が大きくなり飛距離が落ちます。

 

これを軽減するためには、スピン量を抑えることで空気抵抗を減らすことが出来ます。

 

最大飛距離を求めると、夏よりは冬の方がスピン量を減らした方がいいでしょう。

 

なので、現在ご使用のドライバーよりもスピン量が少なくなるタイプのドライバーに変えるのも1つの方法になります。

 

フェアウェイは冬の方が転がりやすくなりますから、球が低めになってもいいでしょう。

 

また、ソールに1~2グラム鉛を貼ってみるのも効果的です。

 

厚着になってヘッドスピードが上がらない分、シャフトがしならなくなるのもこれでカバーできますし、わずかにですがスピン量も抑えることが出来ます。

 

冬でも飛距離を出したいとお考えの方はお試し下さい。