最近のドライバーはフックを打つとドロップしやすいので注意しましょう

最近のドライバーは、ヘッドの反発係数の規制がある事で、飛距離を出すために、スピン量と打ち出し角が適正になるよう工夫がされています。

 

なので、フックを打とうとすると、球がドロップして思ったほど曲げられなかったり、キャリーが大幅に減ってしまい、フックボールをコントロールするのが難しい傾向にあります。

 

故井上誠一氏設計のゴルフ場は、木を空中のハザードとして利用するのが設計の根底になるために、ドライバーでフックやスライスを打つことを求められる設計です。

 

彼の設計したゴルフ場は最近のドライバーを使って攻めることが難しいホールが多くあります。

 

しかし、昨今のフェアウェイウッドやハイブリッドで設計当時のドライバーの飛距離が出せますから、ティショットでフックボールが求められる時にはフェアウェイウッドで対応が出来ます。

 

最近のクラブはほとんどのゴルフ場を昔よりも易しくしてくれますが、ティショットでフックボールが必要なホールだけは一考の必要があります。