夏場あまり飛距離が伸びないときはロフトを大きくしてみましょう

暑くなってまいりました。

 

暑くなると空気密度がうすくなり、飛距離が出るようになります。

 

特に冬場、ランが出ずに飛距離をロスしていた方はより飛距離が伸びます。

 

これはスピン量が多すぎるからなのですが、逆にスピン量が少ない方は気温上昇に伴う飛距離アップの恩恵が少なくなります。

 

そんなときは、ロフト調節可能なドライバーをお持ちの場合、0.5~1°ロフトを増やしてみてください。

 

 

キャリーが伸びて飛距離アップが期待できます。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。