クラブも育っていくようです

ルールぎりぎりの反発係数をうたい文句にしたドライバーが人気があります。

 

メーカーとしては、技術的に反発係数を上げること自体には困っていません。

 

大量生産して、製品の中から1つでも違反のものが出ると、販売中止になってしまいますので、違反品が出ないよう反発係数を下げ気味にして生産、出荷します。

 

メーカーがプロに支給する際はぎりぎりのものを渡すことが多いのですが、最近はメーカー出荷時にルールの範囲内に収まっていたものが、

 

使用していくうちに反発係数が上がってしまい、知らないうちに違反クラブを使用してしまっているケースが増えています。

 

メーカー側が違反品が出ないよう全力で取り組んでいて、プロゴルファーもメーカーを信じて安心して使用していたのですが、

 

何発も打ち続けているうちに、知らぬ間に反発係数が上がってしまうことがあるようです。

 

 

一般のアマチュアゴルファーはゴルフ場で反発係数の計測をされる機会はまずないでしょうから、

 

ギリギリのドライバーで気に入ったものができたら使い続けていくと飛距離アップが望めるかもしれません。

 

そして、最終的に割れる直前が一番飛ぶとされています。

 

ということで、気に入ったドライバーはできるだけ長く使い続けていくといいようです。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。