ドライバーのティアップの高さは何mmくらいが適当か?

ドライバーのティの高さはソールをしたときにボール半分が頭を出すくらいが基準といわれています。

 

ドライバーの厚さは54~60mmくらいが一般的な厚みだと思われます。

 

ボールの直径は42.67mm以上となっていますのでヘッドの厚さ54~60mmからボールの半径約21mm差し引くと33~39mmくらいが平均的なティの高さになります。

 

なので、この平均の高さにお好みで高さ調整をするといいと思います。

 

調整範囲が10mmとすると23~49mmの中に大多数の人が入ることになります。

 

はじめのうちは一定の高さでティアップするよう心掛けてください。

 

 

慣れてきたら状況に応じて高さを変えて対応していきましょう。

 

たかがティアップですが、ティアップの高さで損をしてはもったいないので早いうちに慣れてしまいましょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします