ラフ対策

これからの時期は、ラフ対策を事前に考えておくと良いと思います。

 

ラフといっても、ボールが沈んでいる場合や浮いている場合があります。

 

ボール探しが大変で、真上からでないとボールが見えないようなラフの場合は、無理は禁物です。ウェッジなどを使って、フェアウェーに戻す事を最優先に考え、傷口を広げないようにするのが無難です。

 

反対にラフでもボールが綺麗に浮いている場合は、フェアウェーウッドやユーティリティ、ロングアイアンも使用可能だと思います。しかしテンプラやだるま落としになりやすいライでもあります。

 

アッパーブローに打つ方は、浮いているラフは打ちやすいと思いますが、ダウンブローに打つ方は、上記のミスを警戒する必要があります。

 

フェアウェーウッドやユーティリティにテンプラマークが付いている方は、浮いているボールを打つときは、トップさせるつもりで打つと最悪のミスを回避出来るかもしれません。練習でも意図的にハーフトップを打つ練習をしておくと、有効だと思います。

 

クラブについても、テンプラしやすい人は、シャローフェースのクラブよりもディープフェースのクラブの方が良いでしょう。

 

ラフに上手に対応するには、的確な状況判断が大切です。残り何ヤードだから何番で打つという事ではなく、ショットを打つ前にボールのライを観察してから使用クラブを決めると良いと思います。