ダフリを防ぐ右手

ダフリのミスが多い方へのアドバイスです。

雑誌などでは、右手のグリップの正しい握り方は親指と人さし指で作られるVの字は右肩を指すという文言をよく見かけます。言い換えればフックグリップになりますが、私はこの意見には反対です。

実際にダフリのミスにお悩みの方に、右手一本でボールを打ってくださいとお願いすると、右手をフックグリップに握っている方が非常に多いと感じます。

ダフリのミスは、単純に考えるとヘッドが落ちてしまうミスになります。これを防ぐ為にはグリップを上から押さえるのが有効です。言い換えるとヘッドを持ち上げる為には反対側にあるグリップを押し下げるという事になります。

試しに右手一本で地面に構えたクラブヘッドを持ち上げてみてください。その際に手の高さを変えないように注意してください。

この時に出来た形が、ご自身にとってのベストグリップになると思います。

フックグリップになる方よりも、スクエアグリップやウィークグリップになる方の方がきっと多いと思います。

フックグリップに握っている方でも、バックスイングの始動時にヘッドを持ち上げる方向に使えれば、もちろん構いません。

ダフリにお悩みの方は、お試し頂ければと思います。