良いダフリ悪いダフリ

ザックリと言われる、ボールの手前にヘッドが突き刺さりボールがほとんど飛ばないミスショットがあります。これは一種のダフりです。

 

他にラフに浮いているボールの下をくぐってしまい飛ばなくなるいわゆるダルマ落としやダフったけどまあまあちゃんと飛んでいくダフリなど様々あります。

 

ザックリはインパクト直前からインパクトにかけてヘッドが急降下しながらフェースが閉じている時に最もヘッドが地面に突き刺さりやすくなります。この動きで振られたときにクラブヘッドのスイング中の最下点が下にずれた時にザックリが起こります。

 

それに対して、よくヘッドが低く入って低く抜けるように打てといわれるような軌道でフェースがターゲットラインに対してわずかに開いて入り閉じて抜ける状態であればインパクト寸前にバウンスが地面に当たり少しヘッドを滑らせてくれるので小さな度合いであればナイスショットにもなってくれます。

 

上手な人ほど上記のクラブの当たり方が作れるので少々スイングのミスがあっても結果オーライになってくれますのでスコアがくずれにくくなります。

 

ダウンブローというものを先ほどのザックリになるような動きとして勘違いしてしまっている人も多くいます。特に近年のアイアンは重心位置が低くなっているのでターフが取れないくらいのインパクトでも十分に球の高さを出す事が出来ますのであまり深くヘッドが入らないように注意して打つといいでしょう。