アプローチ練習

練習場でアプローチ練習をしている風景を見ていると、実践的な練習をされている方がとても少ないと感じます。

ちゃんと練習をしていると反論を受けそうですが、果たしてそうでしょうか?

30ヤードや50ヤードのグリーンに向かって何球も打った後に、よし距離感があってきたぞというのは、コースでは全く役に立ちません。

コースでは、一発勝負です。

実践的なアプローチ練習では、一級毎に目標を変え、見た距離に反応して打てるようになることを目標にしましょう。

素振りをして、球の飛ぶスピードや高ささらに地面に落ちてからの転がりまでをイメージして実際に球を打つ。この作業を繰り返し、訓練しましょう。

アプローチやロングパットでは、方向のブレよりも、距離感のブレの方が大きくなります。

どういう事かというと、10ヤードのアプローチで、10ヤード左右にブレる事は可能性は少ないですが、20ヤード飛んでしまい、距離感が10ヤード以上狂ってしまう事は、起こる可能性は少なくないという事です。

ゴルフは飛ばすゲームではなく、距離を合わせるゲームと言われますが、まさしく名言ですね。