良いトップ、悪いトップ

トップというミスは球が低く飛びランが多く出てしまいます。しかし、同じトップでもスピンが効いて被害が少ない場合とスピンが効かず大きく転がってしまう場合があります。

 

アイアンでリーディングエッジがボールの赤道から1cm下に当たるとして、リーディングエッジがボールにコンタクトしてから下降していくとスピン量が多くなり上昇していくとスピン量は極めて少なくなります。したがって、ダウンブローにとらえたトップボールは低く打ち出されるので早目に着地しスピンも効いてブレーキがかかり結果オーライ期待できますしさほど大きな被害になりませんが、アッパーブローにとらえたボールは高く打ち出されキャリーもランも大きいのでかなり目標をオーバーしやすいといえます。

 

ということですので、極端に右に体重が残る人やインサイドアウトの軌道の方はトップすると大叩きにつながってしまいますので注意が必要です。また、アイアンが得意だという人はダウンブローの軌道の人が多いとも言えます。

 

また、ダウンブローに打つための最低条件はハンドファーストのインパクトです。そうすればトップした時に大オーバーすることはなくなるはずです。よくトップしてターゲットを大きくオーバーしてしまうことの多い方は今よりも少しでもハンドファーストにインパクトできるように工夫してみてほしいと思います。