トップボールの良し悪し

ミドルアイアン以上のクラブでグリーンを狙う場合、ダフるよりはトップする方が結果オーライになってくれる場合があります。もちろん手前にOBや池が有る場合は別ですが・・・・。

 

ところがグリーン周りでのトップはひどい被害になる事が多くなります。いわゆる往復ビンタというやつです。短いアプローチほどダフリやトップをしてしまった時の結果オーライになるケースは少なくなります。ショートアプローチのスイングに関しても同様で、フルスイングの場合、少々スイングプレーンから外れてダウンスイングが始動されたとしても助走距離が長い分修正してインパクトすることが出来てしまいます。ちなみにアベレージスコアがいい人ほどこの技術が高いでしょうか。

 

ところが、ショートアプローチの場合、距離が短くなるほど助走距離も縮まるでしょうから上記の修正ができなくなります。したがってショートアプローチでボールをクリーンヒットするためには良いストロークが出来ていなければいけません。勘だけでなくストロークの善し悪しがショートアプローチの技量を大きく左右します。

 

初、中級者の方におすすめしたいのですが、ラウンド中に少し時間を見つけて、土は打たずに芝生だけをさわるようにウェッジで素振りを繰り返してください。ティショット以外は地面の上ボールを打つのがゴルフなのでこの芝生を上手に打てる人はボールを上手く捉えることも上手になります。注意点は自分のスタンスの中央から左の芝生をできるだけ長い範囲でさわれるようにすることです。ラウンドのたびに、あるいは練習場に行くたびに芝生やマットの上で繰り返してみてください。ダフりトップのミスを大幅に減らすことが出来ますよ。

 

初、中級者の方の場合は特にそのための良い打ち方を