プルフック

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ドーモー♪

 

初心者から中級者への上達の過程として、ゴルフを始めてまもなくはフェースが開いて右へスライス、これを目標に飛ばすためにアウトサイドインのヘッド軌道で打つ人が多くなります。すると目標へは飛ぶ大きくスライスするようになってしまいます。

 

この時期はスライスはするけどある程度目標方向へ飛ばせるのでスコアがまとまります。そこでもっと良くするべくスライスを治そうと一念発起、フェースを返して打つなどの工夫をします。それが出来るようになるとヘッド軌道はアウトサイドインなので左に出て真っ直ぐやフックする状態になります。

 

これが中級者に陥りやすいフックです。

 

この時期はスライス回転が収まったりフック回転のボールになり飛距離は伸びるのですがボールの打ち出し方向がアウトサイドインの軌道のために左に飛び出すフックになるので飛距離は伸びるのですがフェアウェイ方向に飛ばすのが難しく、スコアが出なくなります。

 

このような人は、ヘッド軌道をアウトサイドインからインサイドアウトに変えると右に打ち出されたフックボールになるので飛距離が出せて目標方向に飛ばせるようになります。スコアもアップするでしょう。

 

そうすると経験としてスライスボールとフックボールを使ったゴルフを経験したことになり、経験値がアップし、この後ストレートに球を近づけていくとその人のスイングの土台が出来上がった状態と言えます。

 

大筋としてこのような上達過程を踏んで上達していく人が多いと思います。ただし今回のような左へ行くフックを軌道を直さずにフェースの返し方で調節すると右にも左にも飛ぶようになり、ゴルフが難しくなって、こういう時期にゴルフ自体をやめてしまう人もいます。

 

そうならないためにもプロに相談するなどして正しい方向に進んでいって欲しいと願っております。  ネガイヲカナエタマエー~~\(-ω- )三( -ω-)/~~バサッ (-人-。)