ハンドレートのインパクト

インパクトの瞬間にボールよりもターゲット寄りで当たることをハンドファースト、その逆のことをハンドレートのインパクトといいますハンドレートに当たると、ヘッドの最下点がボールより右になり、高い球、ヒッカケ、ダフりがミスとして多く出ます

 

このように当たった時はフェースが左へ向きやすく、ボールはターゲットから大きくそれて左へフックすることが多くなります。 ただし、ティアップしてのショットやラフでボールが地面から浮いている場合にはうまく打てるのですが、ショートアプローチではザックリ、トップ、ボールが上がりすぎてショートするなどの重大なミスも招きます

 

なので、インパクトは必ずどんなクラブでもハンドファーストに当たるようスイングを作って行くべきです。応用編として高く打つためにハンドレートにするのはいいですよ v(。・・。)ok

 

アドレス時に出来る両肩を結ぶ線と両腕で出来た三角形や五角形を胸から見て正面より右へ向けて当てるとハンドファーストに当てることができます。この時、腕ではなくボディで三角形を動かしましょう。この状態で当てた上でフェースの向きをインパクトでスクエアに戻せるようになればフックだけでなく、いろいろなミスを減らすことが出来ますよ ((((((( ‥)ノ |EXIT|