室内でもロングパットの練習は出来る

ショットの練習はドライビングレンジに行ってすればいいのですが、パットの練習は練習環境がなかなかありません。

 

ロングパットとなるとなおさらですが、室内でも工夫次第でパッティングは上達できます。

 

パッティングは大きく分けて方向性と距離感で、方向性はパターマットで練習するとついていくと思います。

距離感についてはパッティンググリーンで色々な距離を練習すればある程度身についていきますが、パッティンググリーンが身近にある人は少ないだろうと思います。

 

パッティングの距離感とは、思い通りのボール初速で打出せること、ラインが読めてどのくらいの初速と方向で打出せば距離が合うか想像できること。

 

と分けることが出来ます。

 

これを踏まえて室内で出来る距離感をつくる練習としては、ボールを打つ先にクッションなどを置いてボールから30センチ以上先にターゲットラインと直角になるよう左右に1本ずつ隙間を開けて置きます。

 

この隙間を通過する時のボールのスピードをあらかじめイメージして、その通りのスピードで通過させられるように繰り返します。

 

もちろん実際にグリーンで転がす方が効果は高いでしょうが、自分の思い通りのボール初速になるように訓練しておけば上手くパッティングで距離を合わせることが出来るようになっていきます。

 

他にはパターマットでカップに入るスピードを決めてその通りに入れる練習など、とにかくボール初速をコントロールできるようにするための練習を工夫して取り組んでみて下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています

⇒体験レッスンはこちら