コンパクトなトップとは?

クラブが軽くなった昨今、昔はトップではシャフトが地面と平行になるようにするというのがセオリーとされていましたが、軽いクラブには大きな助走距離が要らないため地面と平行よりは1段階コンパクトになることが自然になっていると思います。

 

このコンパクトなトップとは、上半身は十分にねじれて腕の運動量が少なくなる状態が良いコンパクトなトップといえます。

 

自分にとって軽すぎるクラブだと手打ちになりやすく方向性に問題が出ますので、自分にとってのクラブの総重量の適性は慎重に選ぶべきです。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら