男性上級者のクラブセッティングが難しい

アイアン型はトップした時の飛距離ダウンの度合いが大きくオフセンターヒットには弱めだがボールの高さのコントロールがしやすい。

 

慣れないとチョロが出やすい?のと低い球が打ちにくいが、高さを出してボールを止められる。

 

 

 

上級者になるほどアイアンに方向性と飛距離だけでなくボールが落ちてから早く止まることを求めるようになります。

 

また、ヘッドスピードが速いほど大型ヘッドを使いこなすのが困難になります。

 

近年はクラブヘッドの大型化が進みこういったクラブが打ちやすい人は十分な恩恵を受けることが出来ます。

 

しかし、深いラフで戦うステージをプレーする人は大きなヘッドはラフの抵抗が大きくなるのでこの点も含めてクラブをチョイスすることになります。

 

もう一つ、アイアンも高反発化が進み、各番手毎のロフト設定もモデルごとにバラバラです。

 

クラブセッティングの根幹は番手毎の飛距離差と振り心地が一定することなのでその点を使用するボールとセットで考えていくことになります。

 

従来の軟鉄鍛造アイアンや小型の鋳造アイアンでは高反発のFW、UTとの飛距離差が大きくなり、ロフトを立てて飛距離差を埋めようとすると球が止まらなくなるので、現行の大きさで高初速、高スピンのものが欲しいところですが、今のところ適当なモデルがないので今後に期待です。

 

今のところ、ロングアイアンとミドルアイアンの一部を抜いてUTで対応するのが無難なところで、ショートウッドを多くするのもありでしょうか?

 

このUTはFWとアイアンにつながるものと考えると多くのモデルを試打して探していくことになると思います。

 

クラブセッティングが完璧になればライバルに対して大きなアドバンテージになってくれると思います。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています

⇒体験レッスンはこちら