ショートアプローチの距離感は3段階に入ったら身に尽きます

初心者がアプローチを覚える1段階はフェースに当たるかどうかがまず問題になります。

 

そして2段階は狙った方向に飛ばせるか、これはインパクトでフェースが右へ向くとロフトが増えて高くて弱々しい球になってショートしやすく、左へ向くとロフトが立って低くて転がる球になるのでオーバーしやすくなるために、一定のヘッドスピードで打っても距離がまちまちになるのを防ぐためです。

 

そして、狙った方向に打てるようになったらインパクトのグリップの位置が一定し、同じ高さのボールを打ち続けられるようになれば、基本の完成です。

 

ここまで出来ればヘッドスピードの変化に応じて距離が変わります。振り幅を変えようが、力の強弱を変えようが方法は自由で要は自分でヘッドスピードをコントロールすればOKです。

 

あとは、実戦です。

 

実戦では、花道などからの易しい状況からの寄せワンの確率を上げていきましょう。

 

そのためにはライの見極め、ライン、球とカップの高低差、地面の硬さなどの観察をしてそれに応じたヘッドスピードを探し当ててその通りに打てるようになって行けば確率が上がっていきます。

 

この時期は難しい状況から上手く打てるよりも易しい状況からのショットの成功確率を上げていくことが重要です。

 

ここまでできれば飛距離が足りずパーオンできない人でも90を切る事が出来ます。

 

基本に忠実にここまで来れればフルショットにも好影響が出てきて上達する良いスパイラルに乗って行けると思います。