冬場の飛距離

夏場に比べると冬場の方が寒さの為に空気密度が濃くなり空気抵抗が大きくなって飛距離が落ちます。さらに厚着による動きにくさも飛距離ダウンに影響します。

 

また、地面が凍るとランがかなり出るようになりますが溶けると極端に少なくもなります。

 

さらに、30℃が25℃に下がるよりも、10℃が5℃に下がるほうが飛距離ダウンも大きいように感じます。

 

という事で、残り距離だけで番手を決めると、上記の様々な外的要因で飛距離が大きく変わりますので、距離合わせには神経をとがらせておいた方がスコアメイクが楽になると思います。