防寒対策

体表と血液を温めるようにする事が防寒対策の基本で、大敵が気化熱であると考えて防寒対策を考えるといいのではないかと思います。

 

体表を温める事は置いといて血液を温めるためにはどうすればいいでしょうか?

 

よく言われているのは首、手首、足首の体表面近くを動脈が流れる首、足首、手首と手足の甲を温める事で血液が冷える事を防ぐ事が出来ます。また、内臓周り(お腹)は血流量が多いそうなのでここも温めると効果がより高くなると思います。

 

体の芯から冷えてしまったという状態は血液が冷えてしまった時ではないかと思います。こうなってしまうと、上手くゴルフをプレーする事は出来ないでしょう。

 

これらを温めるか保温するためには様々なグッズが売られていますのでもし足りないものがあったら手に入れておくといいでしょう。

 

発熱下着などの上に保温性の高いもの、一番外は防風性の高いものを着て上記の各部を温めるか保温するグッズを着用すれば暖かくプレーできると思います。

 

ライバルより暖かく動きやすい状態を作れれば冬場のゴルフをより楽しくプレーできると思います。