冬のフォローは注意

気温が低い冬は、球が飛ばないと思い安易に長い番手を選ぶと大怪我に繋がる状況もあります。

冬は、地面が硬くなりますから球が落ちてからのランは夏に比べると多くなります。そこにフォローの風が加わると想像以上にランが出てしまい、グリーン奥の林やOB、崖下などに球が転がりやすくなってしまいます。

グリーンの奥にトラブルがあるホールなどでは、グリーン面にキャリーをさせないような番手選びをしておいた方が無難な攻め方になります。

コースに到着して、今日は地面が硬いなと感じたら安全運転のゴルフを心掛けてみると良いと思います。