ラフから飛ばせない

今の時期は、ラフからグリーンを狙うショットの出来が、スコアに大きく関わってきます。

ラフと言っても、深いラフもあれば浅いラフもあるのですが、名門と呼ばれるようなコース以外では、お客様のラウンド時間短縮の為に、ラフを短く刈り込んでいる場合の方が多いと思います。

その短く刈込んであるラフでも、グリーンを狙ったショットが大きくショートしてしまう場合があるかもしれません。

もしそのような状況になった時には、打った直後にクラブフェースを見てみて下さい。

クラブフェースの高い位置に、芝の後が残っていたら、クラブフェースの重心よりも上でボールをヒットした事になり、アイアンの場合飛距離が落ちてしまいます。

フェアウェーからショットを打つ時は、ラフで球が浮いている時ほど、フェースの上側でボールを打つ事は出来ませんので、大ショートのミスは起こりにくいはずです。

上記のミスに、心当たりのある方は浅いラフにボールがある場合は、アッパー軌道でスイングを行うか、ダウンブローで打つ場合には、ハーフトップを打つ位の意識にすると、大ショートを防げると思います。