スイング軌道によって・・・・・

ゴルフのスイング軌道を大きく分けるとアウトサイドインかインサイドアウト。と、アッパーブローかダウンブローの組み合わせになります。

 

基本的にはアウトサイドインはダウンブローになり、インサイドアウトはアッパーブローになります。

 

アウトサイドインの軌道はボールの打ち出しが左へ低くなり、アイアンやフェアウェイウッドがトップしやすくドライバーはテンプラが出て打球のバックスピン量が多くなります。

 

インサイドアウトはその逆で、ボールの打ち出し方向は右へ高くなり、アイアンやフェアウェイウッドではダフリが多く、ヘッドが上昇しながらのトップも出ます。そしてこちらはバックスピン量が少なくなります。

 

そして、2つの丁度中間がストレート軌道でダフリもトップも出にくい軌道です。この、ストレートな軌道の事をインサイドインとかオンプレーンという言い方をする事もあります。

 

こうした事を知っておくと、出る球筋やミスの内容からどんな軌道になっているかnを推測する材料にもなりますので参考にしてみてください。