スイングの直し方

自分のスイングを動画撮影してスイング作りの参考にしている人が増えてきているだろうと思います。

 

一昔前に練習場にビデオを持ちこんでスイングを撮影していた人はかなりのマニアな人が多かったと思います。今は初心者の方でも友達同士でスマホで撮影し合っている光景もよく目にします。

 

もちろんこれは良い事なのですが弊害もあります。スイングをよく解らずに分析をすると、トップが変だから直そうとかアドレスがかっこ悪いから直そうというような事を続けると、なんかフォームは綺麗になったけどショットがおかしくなったというようなことが発生します。

 

ゴルフの結果を良くするという事は思い通りのインパクトを作る事と同義で良いインパクトの為にはそのためのクラブの動きがあり、クラブの動きのための体の動きがあるのです。

 

なのでトップがおかしいと思ったら、その事がどのようなクラブの動きにつながりどんなインパクトになってしまうのかというようなことと関連づいたスイング作りをして欲しいと思います。